ケールとはどのような野菜ですか?

ケールは地中海沿岸に生育しているアブラナ科の植物です。

和名は緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)といい、栄養価が豊富に含まれていることから野菜の王様とも呼ばれています。ケールは地中海原産ではあるものの、日本でも青汁の原料として南は沖縄から北は北海道まで1年中栽培されています。

日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、キャベツに良く似た形をしています。

ケールとキャベツの比較

キャベツとは違い、ケールは結球(※丸い形状に葉が巻くこと)せず、葉は扇状に広がった形をしています。季節に応じて一年中様々な地域で栽培されており、冬キャベツが甘いように、ケールも冬は甘く、夏は苦いという特徴があります。

キャベツのような野菜は食べ易く品種改良することで失われてしまった栄養素もありますが、ケールはキャベツの原種に近い野菜であるため、野生植物の持つ栄養価がそのまま失われることなく豊富に含まれています。一般的な緑黄色野菜と比較しても、ビタミン類が非常に多く含まれており、食物繊維や葉緑素、カルシウムといった栄養素も豊富です。

ただし、ケールには独特の苦味と青臭さで味にクセがあります。

野菜としてはあまり食用には向いていないため、ケールをそのまま搾って急速冷凍した「冷凍青汁」は少し飲みにくいかもしれません。

一方、「粉末青汁」の場合は飲みやすくするための様々な工夫がなされており、現在販売されているケールの粉末青汁のほとんどは飲みやすいです。

ケールの青汁を購入する際、独特な苦味やクセが好みの方は冷凍青汁がおすすめですが、出来るだけ飲みやすい方がよい方は、粉末タイプや粒タイプ、あるいはモンドセレクション受賞の商品を選択されるとよいでしょう。

ケールのおすすめ青汁

①ファンケル:1食分のケール青汁
→ 苦みを抑える独自製法で飲みやすい。

②キューサイ:はちみつ青汁
→ ハチミツ入りで美味しい。