大麦若葉青汁の比較一覧

2012年07月04日

大麦若葉ってどんな野菜?

大麦の若葉

大麦若葉は、大麦の穂が出る前の青々とした若葉のことです。「葉」の部分にはビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれており、青汁の原料としてよく使用されています。

ケールと比較すると味にクセがないため、大麦若葉が主原料に採用されている商品も多いです。…続き

2009年04月04日

サントリー「極の青汁」は大麦若葉にケルセチンをプラス

サントリー 極の青汁

サントリー「極の青汁」(きわみのあおじる)は、大麦若葉と明日葉の原材料が両方とも使用されています。

大麦若葉は熊本県・阿蘇産、明日葉は鹿児島県・屋久島産の国産素材が使用されており、さらに宇治煎茶と抹茶で上品な味わいの飲みやすい青汁に仕上がっています。…続き

2015年09月20日

大正製薬の大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

大正製薬 大麦若葉青汁

大正製薬の「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は、食後の血糖値の上昇が気になる方へおすすめの特定保健用食品です。

水溶性食物繊維の「難消化性デキストリン」が糖の吸収を穏やかにするため、食後30分の血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。…続き

2016年03月24日

大正製薬の大麦若葉青汁<キトサン>

大正製薬 キトサン

大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁キトサン」は特定保健用食品となっており、LDL(悪玉)コレステロール値が高めの方におすすめです。

カニ殻由来の「キトサン」配合でコレステロールの吸収を抑え、血中コレステロールを低下させる働きがあります。…続き

2017年10月28日

国産大麦若葉のやわた本青汁

やわた 本青汁

「やわた本青汁」は国産の大麦若葉が主原料に作られており、多くの原材料は使用されていないものの、お手頃価格で経済的に飲むことができます。
一般的な3~4千円程度の青汁と比較すると、やわた本青汁は1箱2,160円(税込)となっており、1杯あたり約69円で毎日続けやすい青汁です。…続き

2017年12月18日

乳酸菌と酵素配合のDHC「よくばり青汁」

DHC よくばり青汁

DHC「よくばり青汁」は、主原料に農薬不使用で栽培された国産100%の大麦若葉が使用されています。

新鮮な国産大麦若葉がDHC独自の「鮮度保持製法」により粉末化されているため、一般的な大麦若葉青汁よりも栄養価も色も濃いのが特長です。…続き

2017年12月28日

サントリーの粒タイプ「青汁ゴーヤ」

サントリー 青汁ゴーヤ

サントリーの「青汁ゴーヤ」は、大麦若葉を主原料に沖縄産のゴーヤが使用されている粒タイプの青汁です。

粉末タイプではなくタブレットタイプなので、水などで手軽に飲むことができます。また、そのまま噛んでもおいしく食べることができます。…続き

2019年10月31日

あすなろわかさの「大豆と青汁」

あすなろわかさ「大豆と青汁」

あすなろわかさの「大豆と青汁」は、大麦若葉や明日葉、ケールなど28種類の国産野菜に加え、たんぱく質が豊富な大豆が使用されている粒タイプの青汁です。

一般的な青汁はビタミンや食物繊維などの栄養素は豊富なものの、たんぱく質については不足している傾向にあります。…続き

2009年04月06日

定期コース利用で単価が安い青汁三昧

青汁三昧

テレビで宣伝されている知名度の高い青汁は、安心感がある一方で1杯あたりの購入単価が高めになりがちです。

通常購入で1杯あたり100円程度の商品も多く、まとめて購入したり、定期コースを利用してやっと1杯あたり70~80円程度になるのが一般的です。…続き

2015年03月7日

乳酸菌が入った世田谷自然食品の青汁

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁

世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」は、大麦若葉を主原料に植物性由来の乳酸菌が100億個入っている青汁です。

主原料の大麦若葉は農薬や化学肥料を使用せず、土壌からこだわって国内で栽培されており、おいしく飲みやすい青汁に仕上がっています。…続き

2015年10月29日

エバーライフの「飲みごたえ野菜青汁」

エバーライフ 飲みごたえ野菜青汁

エバーライフの「飲みごたえ野菜青汁」は、厳選された30品目の国産素材が使用されている飲みごたえのある青汁です。

一般的な青汁は1~2種類の野菜だけのことも多いですが、飲みごたえ野菜青汁には「15種類の野菜」と「15種類の伝統食材」がバランスよく配合されています。…続き

2015年04月19日

「えがおの青汁満菜」は有機原料10種類を配合

えがお 青汁満菜

えがおの青汁シリーズに、新しく青汁満菜(あおじる まんさい)が加わりました。

従来までの「えがおの青汁」と比較すると、大麦若葉の配合量や有機原料の素材数が増え、飲みごたえのあるコクのあるおいしさに仕上がっています。…続き