青汁比較

<<[*]前へ   [#]次へ>>

明日葉の栄養価とカルコン成分

明日葉

「夕べに芽を摘んでも、明日には芽がでる」といわれる明日葉(あしたば)ですが、成長がはやく栄養価もあり、青汁の原料としてよく利用されています。

明日葉はセリ科に属しており、八丈島や伊豆大島などの温暖な地域が主な原産地です。
味には多少のクセはあるものの、栄養価の高い野菜としておひたしなどの食用にも利用されています。

ケールや大麦若葉などの野菜と比較しても、その栄養価は見劣りせず、食物繊維やビタミンB1、B2、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

明日葉独自の成分であるカルコンとは?

加えて、明日葉の「根」や「茎」の部分には、「カルコン」と呼ばれる黄汁の成分が含まれている点に特徴があります。このカルコンはポリフェノールの一種ですが、めぐりが気になる方やスッキリを実感したい女性の方に人気が高いです。

明日葉の根、茎、葉

また、根の部分は薬用として朝鮮人参の代用としても利用されています。ケールや大麦若葉の青汁と比較すると、明日葉を主原料にした商品は少なめですが、できるだけ、この「根」や「茎」が丸ごと使用されている商品を選択されることをおすすめします。

また、明日葉は味にクセがあることで知られていますが、抹茶風味で飲みやすい商品なども多くなってきています。

スッキリに役立つ食物繊維も多く含まれていますので、美容が気になる女性の方は、明日葉が主原料の青汁を選択されるとよいでしょう。


関連記事
----------
明日葉が原料のふるさと青汁
マイケア「ふるさと青汁」は、明日葉の茎や根の部分も丸ごと贅沢に使われています。
----------

<<[*]前へ   [#]次へ>>


青汁比較 トップ

サイトマップ
運営者概要

©2019 aojiru.info