青汁比較

<<[*]前へ   [#]次へ>>

有機野菜の宅配サービスを比較

有機野菜の宅配サービスをご存知でしょうか?

専門の契約農家により産地直送されるので、産直野菜とも呼ばれていますが、有機堆肥や反農薬で栽培された野菜を定期的に配送してくれるサービスのことです。スーパーの野菜とは違い、独自の基準をクリアした契約農家のみで栽培されているため、しっかりした味の野菜を安心して食べることができます。

野菜不足の解消には青汁を飲むのが効率的ですが、日常の食事では摂取しきれなかった不足分を補う意味になりますので、青汁を飲むだけで十分ではありません。

日本人に必要とされる野菜の摂取量は1日に350g以上とされていますが、平均して1日に「約57g」の野菜不足に陥っており、この不足分を青汁で補う趣旨になります。

なので、日常の食生活においても生野菜をバランスよく摂取することが大切ですが、野菜を摂取する習慣があまりない方、あるいは野菜に好き嫌いのある方は有機野菜の宅配サービスを利用することをおすすめします。

旬な野菜を定期的にバランスよく配送してくれますので、配送された野菜を処理していくだけで野菜不足も自然と解消していくことでしょう。

〜 野菜宅配サービスの一覧 〜

野菜専門の宅配サービスは、ネットスーパーなどの宅配野菜と比較すると多少は割高です。けれども、味がしっかりしたおいしい野菜を食べることができます。多数の野菜宅配サービスがありますが、大手のサービスには以下のものがあります。

らでぃっしゅぼーや

国で使用が認められている農薬のうち、113種類を使用しない厳しい基準のもとで安全に野菜が生産されています。通常の野菜と果物のセットのほか、珍しい野菜の準定期品などにも人気があります。
らでぃっしゅぼーや

パレットと呼ばれる野菜セットが専用車で毎週届けられますが、家族の人数によって、SS〜Lのうちから選ぶことができます。ネット上からお休みの受付などもできるので、野菜が余りそうな時は配達回数を調節するとよいでしょう。

Oisix(おいしっくす)

おいしっくすは、入会金や年会費が無料で、24時間注文ができる野菜宅配サービスです。テレビや雑誌、新聞でも紹介されているので安心感があります。
Oisix

大地を守る会

「大地を守る会」は首都圏中心のサービスですが、1975年設立の老舗の野菜宅配サービスです。独自の厳しい基準をクリアした安全でおいしい野菜だけが届けられます。
http://www.daichi.or.jp/start/trial/

生野菜を普段の食事でも摂取するようにし、その上でどうしても不足してしまう分を補うのが、健康食品としての青汁の正しい飲み方といえるでしょう。


関連記事
----------
1日に摂取する野菜の量は350g以上が目安
日本人に望ましいとされる野菜の摂取量は1日に350g以上とされています。
----------
青汁サンプルの一覧
青汁サンプルの申し込みが可能な健康食品会社の一覧です。
----------

<<[*]前へ   [#]次へ>>


青汁比較 トップ

サイトマップ
運営者概要

©2019 aojiru.info