青汁比較

<<[*]前へ   [#]次へ>>

ケールの青汁はカルシウムが豊富

青汁の主原料としてよく利用されているケール。
このケールにはビタミンやカルシウムなどの栄養素が豊富に含まれており、"野菜の王様"とも言われているほどです。

ケールはキャベツの原種となる野菜ですが、キャベツよりも豊富な栄養素を持っており、一般的な緑黄色野菜と比較しても「ビタミン類」は非常に多く含まれています。

さらにケールには「食物繊維」も多く含まれています。
食物繊維はスッキリとした朝を迎えたい方に人気がありますが、現代人に不足しがちな栄養素の一つです。

他にも、食物繊維と同じような働きを持つクロロフィル(葉緑素)を多く含んでいます。

日常的に野菜不足という方は、ケールを使用した青汁を日常生活に取り入れることで、朝のスッキリを実感できるなどの健康パワーを期待できます。

また、栄養素としてはビタミンや食物繊維などに目がいきがちですが、ほかにも「カルシウム」が豊富に含まれています。

カルシウム不足には牛乳を飲む方も多いですが、ケールの青汁を牛乳で割って飲むと、青汁が飲みやすくなるのに加え、栄養価的にもより一層高まることでしょう。

年齢とともにカルシウムの吸収量が低下してきますので、カルシウム不足の解消にケールの青汁もお試しされてみてはいかがかと思います。


関連記事
----------
シーケールは塩性の土壌でも育つ野菜
塩性の土壌でもよく育つシーケール(sea kale)というオランダ野菜が注目を集めています。
----------

<<[*]前へ   [#]次へ>>


青汁比較 トップ

サイトマップ
運営者概要

©2019 aojiru.info